chisou.typepad.jp > Italia/Sicilia, Palermo2

Palermo@Italia シチリア州最大の都市パレルモのつづき。パレルモの胃袋ワシヅカミのような、活気にあふれるバッラロ市場(Mercato Ballaro')やヨーロッパでも屈指のオペラの殿堂マッシモ劇場(Teatro Massimo)などのご紹介です。

RIMG1704

シチリアスイーツといえば、カンノーリ(Cannoli).筒状のビスケットにリコッタチーズが入っています。写真は7~8cmほどのサイズのものですが、それでもpiccoloサイズ。大きいものは13~15cmほど。ふんわりあまりチーズが美味しいですが、サイズはpiccoloでいいかな~。


RIMG1711

ちょっとあっさりめのテイストが多い前菜の盛合せ。お店によって、味のトーンは色々。それも楽しみのひとつです。


RIMG1712

ドカンとアーティチョークやカタクチイワシなど。前菜ってほんと楽しいなー。


RIMG1716

メカジキのグリル。この厚さがうれしい。外は香ばしく、中はジューシー。さわやかなサルモリッリョソースとベストマッチ。


RIMG1719

海老とルッコラのリゾット。ほんのり香るやさしいトマト味です。


RIMG1730

夜のパレルモ、車も少なく、静か~。


RIMG1735

Grand Hotel et des Palmes(グランドホテルエデパルメ)。重厚感がり歴史を感じるこのホテル、豪華な大理石のロビーや高い天井も気持ちがいい。ちょっと古いけど清潔感もありおすすめ。かつてワーグナーも滞在していたとのこと。


RIMG1737

Grand Hotel et des Palmes(グランドホテルエデパルメ)にて展示されているピアノ。ワーグナーも奏でたピアノかな?!


RIMG1750

1897年ヴェルディのオペラ上演によって幕を開けたTeatro Massimo(マッシモ劇場).当時はパリのオペラ座についでヨーロッパで2番目の大きさだったとか。この日は公演がないので、劇場内の案内ツアーに参加。


RIMG1762

Teatro Massimo(マッシモ劇場)の貴賓室で使用されているシャンデリアは、ヴェネチアンガラス。


RIMG1768

Teatro Massimo(マッシモ劇場)、こんな席に座って観劇感激したい!


RIMG1779

Teatro Massimo(マッシモ劇場)


RIMG1790

Quattro Canti(四つ辻)。旧市街のメインストリートの交差点に、スペイン支配の下で造られた、そびえる壁面装飾。THE バロック!という見ごたえです。


RIMG1796

Mercato Ballaro'(バッラロ市場)。長さ1mは優に超える大きなズッキーニ。日本でも見かけるズッキーニと並べてみたよ。


RIMG1798

Mercato Ballaro'(バラッロ市場)の魚屋さん。


RIMG1803

Mercato Ballaro'(バラッロ市場)の魚屋さん。


RIMG1804

palombo(サメ)。人参、セロリ、玉ねぎ、ハーブなどを入れてスープをとったり、煮込んで食べるそうです。こっちを見てる目が気になるー!


RIMG1806

palombo(サメ)を捌き中。


RIMG1809

ピッカピカの米茄子に色々サイズのトマトたち。シチリア野菜の代表選手。


RIMG1815

その場で買ってつまんでみたよ。美味しいな~。


RIMG1816

lumaca(食用カタツムリ)が山積み。


RIMG1821

多色混合のパプリカ、元気の出そうな彩りで。


RIMG1825

こちらはお肉屋さん。


RIMG1832

Pesce Spada(メカジキ)。愛するメカジキと対面。シチリアではよく食べられていますね~。


RIMG1839

Panelle(パネッレ)。ひよこ前を平らにのばして揚げたものをパンに挟んでいただきます。


RIMG1842

Arancini(ライスコロッケ)。今回は、ミートソースにサフラン風味のごはんです。歩きながらでも食べられるので市場うろうろ時のフィンガーフードとしても便利美味グルメ。


RIMG1844

Mercato Ballaro'(バッラロ市場)。ようやく人の少なそうな場所を探してパチリ。写真をとるのも結構難題なほど、人と活気が溢れています。


RIMG1853

Mercato Ballaro'(バッラロ市場)近くのバールにてチキンのパン粉揚げとズッキーニ。「un po'(すこし)」といってもこれだけ出てくる。一刻だけ胃袋拡張したかった。


RIMG1857

チキンに毛が~(*_*)。


RIMG1858

旧市街は特に朽ちそうな建物があちらこちらに。


RIMG1860

スパイスや豆類、その他オリーブオイルや缶詰などの乾物系のお店。日持ちもするし持って帰れると思うとついつい買い込んでしまういます、重たいのに…。


RIMG1865


RIMG1868

老若男女みんな頬張るジェラート万歳!


RIMG1870

Gelateria Oriol(ジェラテリア オリオル)のジェラート。レモンとピスタチオの組合せ、パンに挟んで食べるんだよね~。


RIMG1872

同じくGelateria Oriol(ジェラテリア オリオル)のジェラート。チョコレートとカシュナッツの組合せ、だったかな。


RIMG1874

Gelateria Oriol(ジェラテリア オリオル)の軒先。みんな頬張る頬張る。


RIMG1876

Gelateria Oriol(ジェラテリア オリオル)の軒先。美味しいね~。


RIMG1879

Gelateria Oriol(ジェラテリア オリオル)の軒先。お客さんが途絶えませーん。


RIMG1881

Fratelli la bufala(フラテッリ ラ ブファッラ)というピザ屋さんのCalzone(カルツォーネ)。ピザ生地に具材をくるんで焼いたもの。ピザがオープンとすれば、カルツォーネはクローズタイプとも言えるかな。モチモチの生地から溢れ出す水牛のチーズ。悶絶です。


RIMG1884

同じくFratelli la bufala(フラテッリ ラ ブファッラ)のピッツァ。


RIMG1891

何度かお世話になったAntico caffe Spinnato(アンティーコ カフェ スピンナート)。エスプレッソのきめの細かい泡の口当たりが忘れられません。


RIMG1896

静かなパレルモの夜。